FC2ブログ

プロフィール

ルバーブパイ

Author:ルバーブパイ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

買っちゃダメ‼

IMG_0689 (448x329)

気に入った箸置きをチョコチョコト買ってはいたけれど

何時の頃からか 毎食時に 箸置き を使うようになった。

多分 第二期広島住まいの頃と思う。

ランチョンマットを使うようになって

箸は何処へ置けばいいの? と思ったからだと思う。

季節を感じさせてくれるのも多く

緑色のガラス細工 ハスに載ったカエル のは

梅雨が明けるともう使えない。

朝顔と小花が添えられているのは

ガラスの四角い箱状の物

水が入り花が入れられる小さな箸置き花瓶?

涼しそうな夏バージョンのガラス細工も9月に入ったら片付ける。

かろうじて 大根 茄子 カブ のは使っているけれど・・・

IMG_0684 (448x336)

納めているのは この3段のケースと100均のアクリルの小箱

IMG_0688 (448x336)

引き出しと小箱を出してみると

「マ~ たくさん詰まっているわ!」

雑貨屋さんや 陶器のお店で何気に見ていると

パートナーから 「もう買っちゃダメ」 と言われるはずだわ!

IMG_0698 (448x335)

春バージョンの 桜 と エンドウ

ピンクガラスのハートもバレン用だから春に使っている。

IMG_0702 (448x336)

秋バージョンの物

畑の栗が落ち始めると使い始める 栗

パートナーが柿を取ってくると登場する 柿

お気に入りの物

IMG_0704 (448x336)

お正月バージョン

コマ や 追羽根 凧 と日本情緒満載で好きな物

IMG_0705 (448x336)

これらは 干支 シリーズ

お歳暮で頂く和菓子の中に添えられていたものや

自分で購入したものも 干支 で使える者も有る。

IMG_0701 (448x336)

箸置きを使っていると知っていただいたものや

IMG_0697 (448x336)

百均で見つけた物

何気に「お高い」のが割引になっていて衝動買いしたもの

IMG_0695 (448x336)

木 バージョン

地元の 寄木細工 の物も

IMG_0693 (448x336)

カトラリーレスト と カトラリーレストとしても使えるもの

木の間にピー玉が挟まっている面白いものも

IMG_0709 (448x336)

これはイギリス旅行で買い求めたもの

多分 おっまみ入れかスプーン置きか

ハートの模様が入ったガラス製 旅の思い出の一品

あー 沢山集めたわね

一個 二個 と上げているけれど

五個セットのも有るし 写真に撮ってないのも有る。

パートナーから ストップ がかかっていて

「いいなー」と後ろ髪をひかれながら諦めた品が

後に、〇〇さんからのプレゼントで届いたものもある。








毎食使っていて

雑に扱っていたりしているけれど

季節を感じる小さな宝物

今夜はどれを使おうかなー










スポンサーサイト



猛暑・・・2020

IMG_0723 (448x336)

中国山地の真っただ中

標高450mの当地も毎日がうだるような暑さ

猛暑日が続いています。

葉ばかリさんのゴウヤも朝の内は元気に葉っぱを広げているのですが

IMG_0716 (448x336)

気温が上がり 陽差しが強くなってくるとこの有様

グリンカーテンが半分になってしまいます。

IMG_0725 (448x336)

西日の当たるゲストルームの朝顔の夏らしい姿も

IMG_0717 (448x336)

熱射にノックダウンです。

IMG_0718 (448x336)

この陽差しと高温でピーマンを4っ割にして干しました。

一日半で半分以下の量に

IMG_0730 (448x337)

それを甘辛く煮付けました。

ピーマンの甘みと味が凝縮して美味しい。

好きな夏のおかずの一品です。

IMG_0727 (448x336)

午前中 久々に雨が降りましたが

ザー と降ってそれっきり かえって蒸し暑く感じます。

IMG_0731 (448x335)

一雨ごとに秋らしくなるのでしょうが

当分は夏の日差しが続きそうです。











けなげに咲いてます

IMG_0666 (448x315)

何時梅雨が明けるのでしょう。

毎日 雨が降っています。

昨日 雨の止み間に畑に出て仕事を終え 帰ろうとしたら

この梅雨空の下 けなげに花開いている向日葵が目に入り

畑で咲いていても見る人もいないと

各種 花瓶に入れても重くないように小ぶりなのを選んで持ち帰りました。

早く ピーカーン と晴れ渡り

向日葵の似合うお天気になってほしいものです。

IMG_0678 (448x336)

梅雨空の下の 我が家の庭、玄関先の ホワイトガーデン

なぜだか黄色がかった カサブランカ が咲きました。

白の カサブランカ を植えたつもりでしたのに・・・

IMG_0679 (448x335)

その隣には 白色の大輪のダリア

IMG_0673 (448x336)

リビングから見えるここには、白いカサブランカが咲きました。

植える時、間違えたかなー

IMG_0668 (448x335)

ウッドデッキ 西日除けのグリーンカーテンはゴーヤ。

セッセと誘引してカーテンらしくなってきました。

ゴーヤの花は咲いているのですが受粉が出来ない様で

ゴーヤの姿は見えません。

IMG_0669 (448x327)

西に面した部屋のグリーンカーテンは朝顔。

昨年のこぼれ種から芽生えたのを移植した寄せ集め

まだ 充分に茂つていないのですが

それでも毎日 数輪の花が花開く様になりました。

向日葵 ゴーヤ 朝顔が似合う 夏 が早く来ますように。








あったぁー!!!

IMG_0639 (448x336)

昨夜 夕食後の事、タブレットからLiNEの音が入る。

「A君かなー」とタブレットを開くと

本の写真付きで

「これがまだ家にあれば次回何か送る際に同封してください。」とメール。

普段なら 「ハイハイ」 とそれでおしまいだけれど

この日は 「ウエー!」 心臓がバクバク!!!

だって 3日前に

リサイクルごみとして衣類・ペットボトル・ビン・缶・古紙を清掃センターに運んだ・・・

IMG_0643 (448x336)

我が家の階段、二階に上がった所手摺を兼ねて本箱にしてある。

本が増えたので昨年の夏、

とりあえずもう読まなそうな本を抜き出して廊下の隅に摘んでおいた。

年末に梱包して離れまで運び出し、そこでまた半年以上積んだまま。

このままではいけないと、木曜日に清掃センターに運んだところだったのだ。

IMG_0641 (448x336)

子供達が読んだ本は孫達が読んでくれるだろうと

納戸のワイン箱に背表紙が見えるようにして保管してある。

IMG_0647 (448x336)

その中で孫たちが読めそうな本は持ち帰ったのも有るし

帰省した時使う部屋の棚にピックアップして置いてある。

「悪い予感」

「古紙で出したかも・・・」

階段の本箱、PCコーナーの本箱、納戸の本、ゲストルームの棚、離れ・・・

他にも置いておきそうな所を探す。

「無い」

もう一度と各所を探すけれど 無い。

古そうだったからほかの書籍と一緒に捨てたのかも。

P7060053 (448x333)

休みが明けて今日

「センターに電話して聞いてみれば」のパートナーの声掛けに

清掃センターに連絡して探しに行った。

P7060054 (448x336)

許可を得て保管場所に入り置いた記憶を頼りに見ると

「あったぁー!!!」

詰まれている本の中、一番上に見覚えのある裏表紙が見える。

「よかったー」

裏表紙を開くと名前が書いてあった。

P7060055 (448x336)

私の選択で古紙として出してしまったので

同行しているパートナーにも他の書籍を見てもらう。

結局 拾い上げたのはこの本だけだったのですけれど。

ググってみるとこの本

結構な値が付いているのですね。

私たちが若かりし頃読んだ本

もう読むこともないと古紙で出してしまったのだけれど

ヤフオクとかで検索したら 値 が付いているのも有ったかもしれませんね。








2020・・・玉ねぎ

IMG_0614 (448x336)

翌日は雨の予報に晩生玉ねぎ ケルたま の収穫。

先に倒伏した中晩生の ネオアース は

10日程前に収穫して吊るしにしてある。

IMG_0620 (448x336)

ひと縄4個の吊るしにするのに

「・・・」

先に吊るしにした玉ねぎと形が違う・・・

形がまん丸ではないのだ!

チョット扁平。

吊るし残りのと比べてもこんなに形が違う。

IMG_0626 (448x335)

残していた種袋の写真でも球の違いが分かる。

ネオアースの特徴として 豊円球 と表記してあるけれど

ケルたま には球状は書いてない。

何年も玉ねぎを栽培しているけれど

こんな違和感を感じたことはなかったから ちょっと新鮮。

同じ作物でも種類によってこんなに特徴が現れるのですね。

IMG_0616 (448x336)

玉ねぎの播種が遅れ、線香のような苗を植えたのだけれど

小玉も有るけれど、「玉ねぎ」の大きさに育ってくれた。

いつもの所に吊し終えてひと段落。

後は小玉を6個組の吊るしにするかネットに入れて保存するか。

IMG_0624 (448x336)

種苗会社からの情報誌を眺めながら

今年は適期に種まきをしようと思うのでした。






 ホーム  »  次のページ