FC2ブログ

プロフィール

ルバーブパイ

Author:ルバーブパイ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ロンドン街歩き 一日目

0614LondonTOP.jpg

6月14日

ロンドン 一日目

0614ウエストミンスター寺院

地下鉄でウエストミンスター寺院へ

寺院の入口には大勢の人が・・・

それでもスムーズに入場でき、

イヤホンガイドを頼りに広い院内を見て廻りました。

0614バッキンガム宮殿 (5)

衛兵交替式に間に合うようにとバッキンガム宮殿へ急ぎます。

宮殿前、ヴィクトリア女王記念碑の周りは大勢の人人・・・

0614バッキン行進

ドラムの音がして、衛兵交替式が始まったのですが、

思い描いていたのとは違いなんだか式典のようです。

0614バッキン演奏

幾組かの音楽隊や騎馬隊・・・

TVなどで見ていた交替式と違って色々のパフォーマンを見ることが出来ました。

0614バッキン街並み

式が終わって、トラファルガー広場に向かって歩き始めると、

道沿いにユニオンジャックの旗が・・・

ロンドンの街は初めてなので、

「いつもこんなに綺麗に飾りつけられているのかしら???」

パートナーと話しながら歩いたのでした。

0614トラファルガー広場

トラファルガー広場は何かイベントが有るのでしょうか、

立ち入り禁止で椅子等の搬入が行われていました。

0614ナショナルギャラリー (2)

ナショナルギャラリーでは無料で巨匠の絵画を堪能したのでした。

ミレミアムブリッジ

ミレニアム・ブリッジを渡り、ロンドンの街歩き

0614Lon街歩き ガーデン

テムズ河 河畔には色々なイベントや大道芸があり、

ゆっくりと街歩きを楽しんだのでした。

0614Londonアイ

しっかり ロンドン おのぼりさんです。




スポンサーサイト



とんでもない長ーい一日・・・BRITISH AIRWAYS

0613搭乗予定機

6月13日

エディンバラ空港 15:45発   ヒースロー空港 17:10 着

搭乗時間に間に合うようにバスで空港へ。

0613Edin空港お茶

空港のcafeで遅いお昼を、

パートナーが、珈琲をミディアムサイズで注文すると、

まるで丼のようなサイズの珈琲カップ。

甘いスイーツでのんびりと搭乗時間を待ちます。

0613Edinバッグ (2)

「イギリスってロストバゲージが多いんだってよ」とか言いながら、預けるスーツケースや

0613Edinバッグ

機内持ち込みのキャリーバッグをデジカメで撮ったり・・・




表示版には搭乗口の案内もあり荷物を預けて、

厳しいチェックの後、搭乗口で待っていると・・・

搭乗時間になってもチェックの案内も無く

搭乗口の外には飛行機の姿も有るのに・・・

待てども、まてども、搭乗案内も無く・・・




1時間近くになって、搭乗機が欠航らしいアナウンス。

英語が分からないので「???」の気分で・・・

空港職員に聞くと、「MAX 4時間の遅れ」との事。

「絶対4時間で乗れますよね」と念を押すと、「MAX 4時間だから大丈夫」




それからが大変、預けた荷物を取りに行き、再度チェックイン。

搭乗手続きで列に並んでいると、遅れの事を尋ねた空港職員が通りかかり、

私の姿を見て

「そう、いい選択よ。 何も問題ないわ!」とニッコリ言葉をかけてくる。






再度、最初より厳しいボーディングチェックの後、またまた待ちます。

英語も話せないので、空港職員にお願いして、

今夜から3泊するロンドンのホテルに、

飛行機のトラブルで、レイトチェクインになる事を電話連絡してもらいました。





問題ないどころか、19:35 発の搭乗機も遅れ、それからまた2時間後、

ようやくヒースロー空港に向かってエディンバラを飛び立ったのでした。

0613Heathrow到着

ようやく着いたヒースロー空港、空港の端からバスでターミナルへ

0613地下鉄

預けた荷物を受け取って、オイスターカードを買って地下鉄でホテルのある駅まで。

地下鉄の駅から道に迷って、真っ暗な道を歩いている時は本当にこころぼそかった。

道を訪ねる事が出来、ホテルのある通りは賑やかな所で、

0時前なのに人も多く、無事ホテルにチェックイン出来たのでした。




個人旅行で、英語は不得意、本当に大変な時間を過ごしたのでした。

旅行での移動は早い時間に動いたほうが良いですね。

何かが有っても明るい内のほうが気持ち的に対処できるような気がします。

海外旅行での、一つの教訓に成りました。




とんでもない一日の平和な時

0613CarltonHill大砲

6月13日

今日の早朝散歩はカールトン・ヒルへ

0613CarltonHill神殿

朝日を浴びて立つナショナル・モニュメントを眺めたり

0613CarltonHill (2)

カールトン・ヒルで清々しい朝の光の中エディンバラの風景を楽しみました。

0613Newtown街中

ホテルへの帰り道、新市街の散策

0613Newtown路地

新市街と旧市街のコントラストを楽しみながら、一旦ホテルへ帰ってチェックアウト。

荷物を預けて、スコットランド美術館へ

0613美術館本物

飛行機の搭乗時間に間に合うよう、それまで美術鑑賞です。

館内では中学生ぐらいの子供達が「本物の作品」を目の前にしての授業中。

日本での行列しての美術鑑賞と違い、

身近に「本物」を、こうやってラフに感じている姿を見ると、

うらやましくもあり、とても恵まれていると感じて・・・。

0613美術館 モネ

私達も無料で、巨匠の作品をゆっくりと楽しみました。




この後、とんでもない長ーい時間が始まるとも知らないで、

幸せな満ち足りた平和な芸術の時を過ごし他のでした。




 ホーム