FC2ブログ

プロフィール

ルバーブパイ

Author:ルバーブパイ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

富岡製糸場

製糸場

上京三日目

世界遺産登録になった富岡製糸場に向かいました。

製糸入口

昨今の込み具合から、朝一の入場を目指して行って見ると、

「朝7時に着きました」

「無料の駐車場に停めようと早く来たんです・・・」 

昨日の日曜日、建物をぐるーっと廻るぐらいの行列が出来たそうな。

指示板

巨額の投資をし、稼動させた政府の力もすごい!

建物、機械、設備、働く人たちの給金、福利厚生、

あの時代の最先端以上の 働く場 の素晴しさに感心!

機械

そんな豊かな時代のベースがあったからこそ、

今もそのままの姿で  「富岡製糸場」 が残っているんだと思った。

生糸

ここの機械がこの美しい生糸を紡いでいる様は、きっと 圧巻 だったでしょうね。





スポンサーサイト

川越の街で

塔

ちひろ美術館の後、川越駅で次男と待ち合わせ。

3人で川越の街を散策しながら、長男が車で迎えに来てくれるのを待ちます。

町並み

古い街並みと、ロマン溢れる名前のついた小路。

街並みは「日本って本当にいいなー」と感じさせてくれます。

このように名所として華々しくはないけれど、

日本中に、こんな街並みって残っているような気がする・・・




身近な所にも有ったはず・・・

「日本再発見」といきますか!





暖かな時間

ちひろ入口

上京して二日目

ちひろ美術館 東京  に行ってきました。

子供達が幼かった頃、いわさきちひろ の絵本がありました。

暖かな色彩とやわらかな子供達の姿

絵本によっては、ドキッとするような瞳のするどさ。

ちひろ本

ちひろ の住まいだった所を美術館としていて

ちひろ の愛した庭や復元された書斎・・・暖かな時間を過ごしました。

決して展示物は多いと言えないけれど

ちひろ の世界観にふれられる 美術館 でした。




パートナーは午後から久々に会う孫娘の為に

「SKYはブドウが好きだったよなー」と、少女とブドウ の絵を求めました。

描かれている少女の瞳のように

穏やかなまなざしで過ごせる日々が続きますように・・・







眠らない街に・・・

PH夜

農大でのシンポジュームの後、新宿へ。

デパート食品売り場で今夜の宴会の為の買出し

お金さえ出せばなんでも手に入れることが出来る、さすが都会です。

お酒を用意してきてくれた次男と

今夜のお宿 新宿Pホテルにチェックイン。

東京タワー

14階の部屋からは東京タワー、スカイツリーも見えました。

階下に見える新宿の街並みを眺めながら、 デパ地下ディナーで乾杯!

明日も付き合ってくれると言う次男と、ほどほどの飲み会

窓の外はいつまでも明るい、新宿の夜 です。






東京農大で

農大

6月28日 (土)

久々に上京してきました。

目的は、園芸福祉シンポジュウムinとうきょう の参加です。

会場は東京農大

農大神の馬

早くに農大に着き、「食と農」の博物館を見学

開館10周年の記念展示は、農と祈り 

農大馬

減反や機械化、担い手の減少等、現在の農の有り方、

ほんの少し前までの人の手による豊かな暮らしと信仰を考えさせられました。

酒展示

そんな中、二階の展示フロアーで圧巻だったもの

たくさんの酒瓶

飲んだ事のあるお酒や、地元の酒を探したり、

ラベルや蔵元の名前を見るのも楽しい一時でした。

蔵元

さて 本題のセミナー

講演

実践している農園の基調講演の後

安達瞳子

絆談義 として

農大卒業生の、二代主宰 安達瞳子氏のいけばな実演とお話

セミナー

園芸福祉協会理事 服部勉氏の留学時の園芸と人とのふれあいなど

園芸福祉についてお勉強をしてきたのでした。




東京農大 講演会場となった学内の展示コーナーでは、

農大の応援歌の一つ 大根踊りの応援歌が流れていました。




 ホーム