FC2ブログ

プロフィール

ルバーブパイ

Author:ルバーブパイ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

待ちに待ちました・・・

87363623_2787898004635963_5388640053176041472_o[1] (448x299)

農閑期のこの時期、パートナーに

「明日のご予定は?」

「今日のご予定は?」と夜か朝聞くのが日課になっています。

そんな昨日、朝食後パソコンに向っていると

「今日はドライブしよう」と県東部方面に出かけることになりました。

昼食は卵で有名な「大江の郷自然牧場」で卵を食べることに。

87498669_2787898397969257_6523857165717864448_o[1] (448x336)

それならば 目指すのは「ふわふわのパンケーキ」です。

TVの通販サイトで美味しい卵の事は知っていましたが、

知人から頂く「地元で飼育している鶏さんの有精卵」の味を知っているので

「美味しい卵かけご飯」より、ふわふわのパンケーキが食べてみたいのです。

目指す「大江の郷自然牧場」に着き

カフェで予約を入れたのが13時。

その時点で40分待ち 30組以上待ちの表示!

案内してくれたスタッフの話だと

「予約人数によっては1時間以上待ってもらうようになります。

席にご案内してからもオーダーを受けてから焼きますので

30分ほどお時間を頂きますがよろしいでしょうか」との事

ここまで来て

「長時間待っいている人が沢山いて、待ってでも食べてみたい味らしい・・・」

には勝てなくて、予約を入れたのでした。

別棟のビレッジで実演や販売品を見ながら時間を過ごし

カフェの席の案内されたのが14時30分。

87505896_2787898411302589_7038042455597383680_o[1] (448x299)

プレーンなメープルシロップパンケーキと

キャラメルバナナのパンケーキを注文しました。

焼きあがってきたのがほぼ30分後

フワッフワのパターの香りいっぱいのパンケーキ

口に入れると溶けてゆく不思議な食感、美味しかったです。

会計の時スタッフの方に聞くと

「一皿(2枚)のパンケーキに2個の卵を使っています」との事

1時間半待ってでもたべるの? と言われれば???ですけれど

休日に行ったのがそもそも間違いですし

前日までなら予約が出来ることなので

出かけることが決まっていればぜひ予約をしてお出かけくださいね。

(ただこれでも確実な時間設定は無理な時がありそうです)

ビレッジには卵を味わえるうどん屋や

バイキングランチなども有るレストランもあるので

今度は平日のバイキングランチ狙いですね。







TVの通販サイトに出てくるように近隣の県外車と広い駐車場に出入りする沢山の車

すれ違った人が

「何にもない山奥にこんなに沢山人が来て商売になるんだから・・・」

と話しているのが聞こえました。

そして何時間も待ってでも卵を目当てに予約を入れて卵料理を食べるのです。

確かになーんにもない所に卵で人を集めるすごい所があったのでした。












スポンサーサイト



思い込み・・・

IMG_0271 (448x336)

二つ瓶入りの物

時期を前後して二人の方から海外のお土産に頂いた物。

右側の大きい瓶はミルクジャム

「ミルクジャムです」と言ってもらったからミルクジャム

ミルクジャムは好きなのですぐに開けて朝食に。

その後、紫色のシホンの袋に入っている瓶詰を頂いた。

IMG_0273 (448x336)

CREAM と書いてあるのを見ただけで、ジャムと思い込んでしまい

シホンの袋に入ったままで朝食のテーブルに出した。

でも ミルクジャムやほかの手作りジャムの開封したのがあったので

誰も手を出さなかった。(と言ってもパートナーと2人だけだけれど)

そんな数日後、

何気に手に取ってよーく見てみると・・・

IMG_0275 (448x336)

袋の裏側に黄色の説明書が見えた。

取り出してみると 「なまこクリーム」 ・・・体に付けるものです。

なんで CREAM  と見ただけで

ジャムと勘違いしてしまったのだろう?

丁度食べているミルクジャムがクリーム状だったから?

ほかの食品と一緒に頂いたから、てっきり食べ物と思い込んでしまったぁー

海外からのお土産だったからリンクしてしまったの?

パンに塗っていたらどーなっていただろう。

蓋を開けると化粧品の匂いがするから気が付いただろうけど・・・

口に入れなくてよかったぁー

アブナイ 危ない ・・・

完全に私の思い込み・・・

後日頂いた方に出会った時,この話をして笑い合った。







この季節 肌荒れに嬉しいクリームです。









ようやくの雪景色

IMG_0268 (448x336)

ようやくの 雪景色です。

84719521_2747889601970137_9146093274413400064_n[1] (448x336)

今年は本当に雪が降らず

通年なら雪に覆われている畑にも、全く雪はなく

先日には畑仕事、もみ殻燻炭を作りました。

IMG_0261 (448x336)

やっぱり雪は降ってくれないとね、昨夜からの降雪で除雪車も動きました。

雪が降らないと動くには楽ですが、自然の営みからすると、雪は大切です。

IMG_0264 (448x336)

外は雪景色ですが

家の中は、先日畑仕事の時取ってきた 早春の花たちが

「春近し」を告げています。








火を落としてからのピザ窯

84600453_2737525413006556_2695078242934587392_o[1] (448x336)

ピザ窯でピザやパンを焼いた後

窯の温度は十分温かさを保っています。

その残り火(温)を使って焼き芋を作ります。

濡らした新聞紙に包み、アルミ箔で覆い窯の中へ

IMG_0170 (448x336)

自家栽培のさつま芋、あまりに大きなものは

ストーブで焼き芋にしても、中まで火が入らなくて

使い道に???だったのですが

ピザ窯の残り火を使うと手間いらず。

窯に入れっぱなしにしていて、翌日窯が冷めた頃取り出すと

太っちょ芋も焼き芋になっているのです。

IMG_0221 (448x336)

そのまま焼き芋で食べて満足した後

残りの芋は干し芋にするために、

素麺の入っていた桐の小箱にテグスを張った道具を

パートナーに作ってもらいました。

これでチーズを切るように1cm程の厚さにスライスします。

IMG_0228 (448x336)

そして乾かすのは蓄熱暖房機の上

ここは私たちが座るテーブル、いすの後ろ側

「どんな具合かなー」と手を伸ばすうちに

だんだんと少なくなっていくのですよねー

IMG_0181 (448x336)

コーヒータイムのお菓子は手作り干し芋

美味しく頂いています。










 ホーム